金属塗装でメンテナンスを

様々な物に関して塗装の必要性がある物は多くてそれらの中には金属塗装も含まれており、特にサビる事によって劣化が免れない金属にはある意味で必須の工程とも言えます。 一般的に金属塗装には何回かに分けて塗り重ねる事が基本であり下にはサビ止め効果のある塗料を、そして上には光沢等の仕上げと共に環境に強い塗料が用いられる事が普通です。 ただ用いる環境によっては必ずしも上塗りを必要とせずにサビ止めだけで止める事もあり、そう言った用途に適したより持続性のある下塗り用塗料も存在します。 また逆に環境的変化が少ない所で使われる様な金属製品に関してはメンテナンスの手間を減らす為、より長持ちする形の特殊な塗料が使われる事も珍しく無いのです。

金属塗装は総じて鉄を空気に触れさせない事で酸化を防ぐと言った目的が第一とされており、これによって経年劣化を防いで強度を維持する事が期待されてもいます。 しかし塗料の形成出来る厚みには限界がある事も確かで部分的に見るとどうしてもカバーし難い面も持っているので、それらを補佐したり或いは代替する様な製品もあります。 例えば鉛のブロックを取り付ける事で電気的な流れをコントロールしてサビ難くする物や、塗料ではなく樹脂その物で覆う事でより強固な保護膜とすると言ったやり方です。 これらは金属塗装に用いられる塗料と比べると性能的には上となる事が多いのですが、当然ながら全体のカバーは塗料と比べると難しい上に価格的にも高いという部分があります。